国産・輸入合板の最適な調達能力と国内最大級の合板加工工場で日々価値創造しています。[株式会社センエイ]
進め!GO!HAND's SENEI WEB LOG

第34期下期方針発表会

合板加工の開発工場、株式会社センエイ 業務本部の吉川です。
「切る・貼る・つなぐ・削る・塗る」。
関西 大阪 岸和田市で、合板加工・塗装合板・床材・古材など、合板の使い途に合わせ、『合板+付加価値』をお客様と共に開発しています。

 

10月26日(土)第34期下期の方針発表会を開催し、社長や各部課の責任者が下期の方針を発表しました。

haxtupyoukai2.jpg

 

私の所属する業務本部では、今期ペーパーレス化による生産性の向上をテーマのひとつとして掲げております。

例えば勤怠管理。
今ようやくICカードを導入し、クラウド化すべく準備を進めています。
他社と比べ恐らく何年も遅れていると思いますがようやく導入することとなりました。
過去さまざまなソフトやシステムを導入し、最初は不便を感じることもありましたが、すぐに慣れ、その度に業務フローや作業性は改善されてきました。
今回の勤怠管理ソフトも業務フローを簡素化するツールとして有効に活用したいと思います。

社内にはまだまだ人の手や力を必要とするアナログな業務や作業がたくさんあります。
そのアナログの中には当社の大切なノウハウがあります。
このノウハウとITをうまく融合させることが大切で、第34期下期は来期(第35期)に向けたその準備に充てたいと考えています。