国産・輸入合板の最適な調達能力と国内最大級の合板加工工場で日々価値創造しています。[株式会社センエイ]
進め!GO!HAND's SENEI WEB LOG

運動会

合板加工の開発工場、株式会社センエイ プロダクツ事業部の中野です。
「切る・貼る・つなぐ・削る・塗る」。
関西 大阪 岸和田市で、合板加工・塗装合板・床材・古材など、合板の使い途に合わせ、『合板+付加価値』をお客様と共に開発しています。


 1ヶ月程前になりますが、次女(小学6年生)の運動会を見に行って来ました。
小学校生活、最後の運動会ということもあり、私自身も楽しみにしていたのですが、午前中、次女が出るのが100M走のみだったので、それに間に合うように行けばいいと思っていたら、予想していたよりプログラムの進行が早く、着いた時にはもう走り終わっている状態。
やってしまいました。
子供には平謝り。本当、凹みました。
1着だったと聞かされ、さらに凹みました。


 午後の最終プログラムに組立体操があり、最近、一部の学校ではピラミッドをしないと、新聞やTVで見たことがあったのですが、子供が通う学校では、ピラミッドはしていましたが、私の小学校時代の時と高さも違えば、形も違っていました。見たこともない組立体操も有り、組立体操も時代と共に変化しているんだなあと感心しました。
 最後に10人ぐらいづつ前に出てきて、大きな声で「ありがとうございました」と言って退場していくのですが、前には先生方、保護者の方がおり、その「ありがとうございました」には、応援に対しての感謝はもちろんですが、小学6年間携わってくれた先生への感謝、親への感謝など、すべてへの感謝の気持ちを「ありがとうございました」に込めているのかなと思うと、感慨深いものがあり、ウルッときました。


 子供の成長を感じれた一日と共に、自分の親への感謝を思ったりと、いい休日を過ごせました。(運動会に遅れたこと以外は...(笑))

 

undoukai.jpg