国産・輸入合板の最適な調達能力と国内最大級の合板加工工場で日々価値創造しています。[株式会社センエイ]
進め!GO!HAND's SENEI WEB LOG

日々の積み重ね

合板加工の開発工場、株式会社センエイ 品質・技術室の小野です。
「切る・貼る・つなぐ・削る・塗る」。
関西 大阪 岸和田市で、合板加工・塗装合板・床材・古材など、合板の使い途に合わせ、『合板+付加価値』をお客様と共に開発しています。

先月、10月26日(木)に製品のJAS検査が行われました。
これは毎月一回公益財団法人 日本合板検査会の方が一名来社され
弊社の製品(塗装用型枠合板など)がJAS規格から外れていないかをチェックするために行われています。
今回は、女性の検査員の方が来社されました!
いつも検査に来られる方は、大きな鞄やリュックを持って来られ、その中に検査に必要な
7つ道具(ノギス・コンベックス・スケールルーペ・ハンディライト・含水計・検査表・筆記用具)が入っており、かなり重そうで大変そうです。
一息ついたのも束の間、検査が始まります!
こちらも、少し緊張です。。。。
来社時の検査は、厚み・巾・長さ・対角・構成・曲げ・含水率を丁寧にチェックされます。
今回は、5枚検査されました。
ですが、今回も何事もなく検査は終了しました!    ほっと、安心です。

検査後は、弊社の第二工場内の塗装ラインを見学され、質疑応答があって
今回の検査は終了となりました。
今回の検査では、規格に外れることなく、無事に検査を通過しましたが、それも
毎日の生産の中で 不良品を出さないように細心の注意を払って、
業務にたずさわっているのが、結果に繋がっているといえるのではないでしょうか。
何事にも置き換えていえることですが、日々の積み重ねが
全ての結果に繋がっているのだと思います。

RIMG2898.JPG