国産・輸入合板の最適な調達能力と国内最大級の合板加工工場で日々価値創造しています。[株式会社センエイ]
社長ブログ CEO WEB LOG

不易流行

 またもや大好きな5月がやって来ました。今年も5月の風の心地よさは、身も心もリフレッシュしてくれるかのようです。

去る4月21日、社内最大のイベントである事業発展計画発表会を執り行いました。そして本日5月1日、センエイの第33期の幕が開きました。そして、平成最後の日である31年4月30日に向けて、365日のカウントダウンが始まったわけですが、当社の33期は平成の時代とともに幕を閉じ、新しい元号とともに新年度34期を迎えることになります。

 マスメディアでは、平成がどういう時代であったかを振り返る特集が目立ちますが、30年続いた時代を単純に昭和と比較するのはいささか乱暴かな、とも思います。なにしろ昭和は63年あまり続いたわけです。2つの時代を合わせると、あ、ほぼ一世紀の長さになるのだと今ごろ気づきました。

 1年後に迫った新元号を目前に、我が社や自分自身が、3つの時代を生きることになるのは、それなりに感慨深いものがあります。感慨ついでに、新しい元号には「光」という字を使って欲しいと思っています。私なりに、明るい未来への期待感と合わせて、変化のスピードについていく覚悟を示したつもりなのですが・・・。その決定を楽しみに、ここに書き残しておきます。

 折しも本日、来年度新卒となる就活生たちとの面談がありました。終身雇用が幻想であるかのように言われる昨今、敢えて新卒生たちとの出会いを楽しみに、彼らの未来予想図を尋ね、会社のビジョンを再点検していくのは、当社が選ばれるための儀式の一部です。

 不易流行。時代に合わせて積極的に変わっていくことが大切な一方、時代に流されず変えずに守っていくべきものもある。後者が会社にとっての経営理念なのだと伝えることができました。
 
しっかりとした考えを聞かせてくれた彼らとの面談の場、当社の会議室にも、確かに5月のさわやかな風が吹いているようでした。

 

IMG_7755.jpg

IMG_7757.jpg

IMG_7760.jpg