国産・輸入合板の最適な調達能力と国内最大級の合板加工工場で日々価値創造しています。[株式会社センエイ]
社長ブログ CEO WEB LOG

舶来(ハクライ)

 「舶来」という言葉で、みなさんは何を想像されるでしょうか。日常で使われることはあまりないように思うのですが、自分の幼いころの記憶をたどると、大好きだった祖父がよくこの言葉を使っていました。

 異国の地、特に西洋から船に積まれて到来した、日本国内では入手しがたい逸品こそが「舶来モノ」というイメージです。愛用の万年筆や金ぴかのライターを、光にかざしながら目を細め「これは舶来ぞ」と祖父が誇らしげに話していたのは、私がまだ小学生だった昭和40年代。というと、もう半世紀も前の話になるのですね。

 一方で同じく海外から届けられたものでも、平成の時代にあって「輸入モノ」というとまったく異なる響きを発しています。信頼の国産品に対する輸入モノは、何かを我慢しているからちょっと安いというイメージを連想させます。特に食品についてはその傾向がありそうですが、日本の国に本当に誇りを持っているのかは別にしても、国産だから安心という神話は根強いものがあります。

 当社の事業にとって欠かせない合板はどうでしょうか。樹種と用途の大まかなすみ分けがあって、輸入合板は南洋材か植林木、国産合板は針葉樹という構図がほぼ確立しているように見えます。年間600万m3近い需要に対して、ほぼ50:50の割合で供給されている合板は輸入・国産に関わらず、住宅建築や土木のみならず日本の経済活動に欠かせない存在です。

 そのような大きな需要の狭間に、「舶来モノ」の合板をイメージし、当社は「ハクライ合板」と名付けました。一般的な輸入合板とは一線を画す、とびきり上等の舶来モノの合板です。西洋や南洋から特注仕様で届いた、普通には見かけない合板を「ハクライ合板」としてご案内中です。現在のラインアップは、アピトンやバーチなど、高比重の材を分厚く積層し、いかにもマニアックないでたちです。特にその木口に魅力を感じたユーザーの方々の発想から、新しい用途が生まれています。

apitonn.jpg

 そういえば、今日11月1日は祖父の誕生日。趣味や持ち物では舶来モノを好んだ彼は、日本の銘木をこよなく愛し、その産地と消費地をつなぐことを生業としていたのでした。