国産・輸入合板の最適な調達能力と国内最大級の合板加工工場で日々価値創造しています。[株式会社センエイ]

価値創造でお役に立ちます! 国内外の最適な合板調達能力

日本国内はもちろん、世界各国から調達致します。
株式会社センエイの前身は、約40年前、国内や海外から調達した合板を加工して再生するところから始まりました。

適材適所の合板「調達」はセンエイの原点であり、輸入合板の普及に一役を担った時代もありました。

国産合板が針葉樹へと大きくシフトした流れにも呼応して、それまでのラワン(南洋材)合板との使い分けを、自らの工場のなかで実現してきました。

表面性(節の有無)や材の比重、曲げやたわみの強度、さらにはコストなど。
まさしくニーズに応じた合板の選定を避けて通ることはできません。
植林木合板の活用も、近年のトレンドの一つとなっており、合板の供給ソースは年々拡大を続けています。

素材は合板だけにとどまりません。

集成材、MDF・OSB・PBなど、様々なエンジニアードウッドも取扱い品目の一部となっています。まだ日本では使用されていないような特殊な合板も、「ハクライ合板」としてご紹介していきたいと思います。

主な原産国

インドネシア・マレーシア・中国・
ニュージーランド・カナダ・
ラトビア・ドイツ

調達した合板を自在に加工してお届けします

調達した合板を加工してお届けする、これがセンエイの大きな特徴です。
弊社工場は、カット、調厚、練合せ、塗装といった合板加工の設備が1つの敷地内にある、ユニークな工場です。調達能力とその生産体制があるセンエイだからこそ、
素材のご用意から開発・加工までを一貫してお応えすることができます。

住宅建材向けの用途にとどまらず、用途の開発もわたしたちのテーマです。
ルーツである調達能力とメーカーとしての加工技術で、総合建材メーカーや合板の単純加工とは一味違った製品をお届けして参りたいと思います。